6.3 最高点: 10 24件のレビューより

Sony KDL-32S2010

  • ユーザスコア (21)
    8.9 21人のレビュアーからの8.9
  • エキスパートスコア (3)
    9.0 3人のレビュアーからの9.0
ほかのグレード グレードを落とす
  • Score Distribution

Experts:
9-10
(3)
7-8
(0)
5-6
(0)
3-4
(0)
1-2
(0)
Users:
9-10
(13)
7-8
(6)
5-6
(1)
3-4
(0)
1-2
(1)
  • レビュー

0ローカル, 3合計
  • ユーザレビュー

0ローカル, 21合計
  • WikiFreak説明

ソニー 32 bravia s series lcd hdtv kdl 32s2010は、ソニーの液晶テレビブランドである、ブラビアより発売されているテレビの一種である。このソニー 32 bravia s series lcd hdtv kdl 32s2010は、液晶テレビとなっており、中でも、ソニーが開発した、ソニー液晶を導入しているため、人気がある。 ソニー 32 bravia s series lcd hdtv kdl 32s2010は、現在では生産が終了しているものの、市場にはしっかりと出回ってきているために、今だに十分に購入することができるようになっている。 ソニー 32 bravia s series lcd hdtv kdl 32s2010は、画像だけではなく、高音質機能もあり、大画面にふさわしい、臨場感のあるサウンドを実現。画質だけではなく、音に関してもしっかりと考えられている点が、ソニー 32 bravia s series lcd hdtv kdl 32s2010の大きな特徴と言えるだろう。 また、ソニー 32 bravia s series lcd hdtv kdl 32s2010…

すべて表示する

ソニー 32 bravia s series lcd hdtv kdl 32s2010は、ソニーの液晶テレビブランドである、ブラビアより発売されているテレビの一種である。このソニー 32 bravia s series lcd hdtv kdl 32s2010は、液晶テレビとなっており、中でも、ソニーが開発した、ソニー液晶を導入しているため、人気がある。 ソニー 32 bravia s series lcd hdtv kdl 32s2010は、現在では生産が終了しているものの、市場にはしっかりと出回ってきているために、今だに十分に購入することができるようになっている。 ソニー 32 bravia s series lcd hdtv kdl 32s2010は、画像だけではなく、高音質機能もあり、大画面にふさわしい、臨場感のあるサウンドを実現。画質だけではなく、音に関してもしっかりと考えられている点が、ソニー 32 bravia s series lcd hdtv kdl 32s2010の大きな特徴と言えるだろう。 また、ソニー 32 bravia s series lcd hdtv kdl 32s2010は見た目も落ち着いたデザインで、安心して部屋に置いて、使っていく事ができるだろう。 もちろんソニー 32 bravia s series lcd hdtv kdl 32s2010は、画質の方も申し分ない。

レビュー概要

Sony KDL-32S2010は人々の視線を集める液晶ディスプレー市場におけるBraviaシリーズの最初のモデルである。KDL-32S2010は、そのつや消しブラックの看板のような外観とかすかなシルバーで外縁を内張して見るひとの心をとらえる。人々は細部に渡る巧妙さと同時にその力強い外観に衝撃を受けるであろう。しかしながら、接続性は平均的であり、これについては特に語ることはなにもない。このモデルはHDMI、そしてSCART入力やPCジャック等のハードドライブのためのコンポーネントジャック等さまざまな入力に対応している。ただし、現在の価格と市場のトレンドからしてみると、第二のHDMIの方が有益であっただろう。 このKDL-32S2010はあの成功を収めたWEGAに取って代わり、Bravia Engine 画像処理システムを採用したことによりさらに強化した。従来のSonyのほとんどの液晶ディスプレーやブラウン管テレビにはWEGA Engineが広く使用されていた。Bravia Engineの重要な要素はフルデジタルイメージスケーリングである。これは低コントラストな画像をアップさせ、よりメリハリのある、真の画像を提供することができる。KDL-32S2010のBravia Engineはフィルムのこまごとに青、緑、白を別々に処理し、色の鮮明さや正確さをより高めている。これはノイズ防止とwhistleを制限、および減少させる働きもしている。この Sony KDL-32S2010 は画面の後ろで働く多数の一歩進んだ機能を持ち、中でも優れた特徴としてはSPVA、すなわちSuper Patterned Vertical Alignmentが挙げられる。この機能はSonyがSamsungから核心となる液晶パネル技術を調達しており、Samsung製品にも見受けられる機能である。 SPVA が具体的にどんな働きをするかというと、様々な角度で傾斜している液晶ディスプレーのピクセルを4つの小区分を利用して構築し、ピクセルライトをより広い範囲に分配させるというものだ。これは液晶パネルのより効果的な視覚を実現させ、結果として横からでも明瞭な画像を見ることができるというものである。

表示を隠す

コミュニティーに質問する

探している商品が見つかりませんか? 質問してみよう!

ビデオレビュー