LCD&プラズマテレビ

テレビ購入ガイド あなたの地元の電化製品店へ新しいテレビを購入しに行くのは骨の折れる仕事で、多くの人達は簡単に混乱し、結局購入せずに店を出て行く。以前は、私達の必要性や予算に合う...
もっと読む

テレビ購入ガイド

あなたの地元の電化製品店へ新しいテレビを購入しに行くのは骨の折れる仕事で、多くの人達は簡単に混乱し、結局購入せずに店を出て行く。以前は、私達の必要性や予算に合うブラウン管テレビ(CRTテレビ)のサイズをただ購入していが、最近市場にはたくさんの異なるタイプのテレビテクノロジーがあるので、購入段階に近づく前にどのテレビを購入したいか知るべきだ。主な点はどのサイズのテレビが欲しく、そしてどれくらいお金を使いたいかについて話し合う事だ。

テレビテクノロジーについての簡単な背景

LCDは“Liquid Crystal Display(液晶ディスプレイ)”の訳でバックライトの前の結晶の配列を使う型の画面タイプだ。電圧がそれらの結晶に加わると、変化する光の量がカラーフィルターを通るために結晶が歪む。この過程がスクリーン又はテレビで全体のイメージを表示する為に、全ての画素(ピクセル)に本質的に起こる。

プラズマテレビ

プラズマテレビは、指定された時に画面を明るくする為に気体の入った組織が必要な何百万もの組織から作られている。プラズマテレビのそれぞれの画素(ピクセル)は3つに分けられ、赤、緑、青となっている。これらの分割されたピクセルの中の気体に負担がかかった時に、明るいプラズマとなる。これはテレビの全てのピクセルに起こっているが、正しい色が映像を明るくする。

DLP

DLPは明らかに、3つの主なテレビの型の技術から成り立っている物だ。DLPのチップは100万個以上の小さい鏡を含み(1つは単独のピクセル)、あなたの手の平におさまる程小さいチップだ。光の源に鏡を傾ける、又は離す事で調和しているピクセルを入(オン)、又は切(オフ)状態にコントロールできる。それぞれの鏡が一秒間に何千回も入切できる事で、チップが激しいアクションシーンも問題なしに作り出し、維持できる能力を持っている。それらの鏡を光らせる交換可能の電球は、DLPの鏡のチップが反射する前に、最初に色の回転がろ過される。この色の回転は全体の色のイメージを作るのに要求される、赤、緑、そして青を作り出す。

インターレースVSプログレッシブ・スキャン

この題材を簡単にそして率直に言うと、インターレースは帯域幅をこれ以上消費せずに映像の質を向上させるものだ。これはテレビが奇数のラインの映像を、そして偶数のラインを引く事により起こる。これは又テレビ局によっても使用される一般的な方法だ(標準、そしてたくさんのハイディフェニションでも同じように)。プログレッシブ・スキャン(例えば1080p)の内容は、より高い質とフレーム率を得るが、またもっと帯域幅を消費するので、ほとんどのテレビ局はこの方法の内容を放送していない。プログレッシブ・スキャンは、一本ずつラインを交互し、映像を次第に描く。

LCD(液晶ディスプレイ)

液晶ディスプレイはとても広範囲で入手可能なディスプレイのテクノロジーなので、たくさんの違うスタイルやメーカー品を探すのに苦労しないだろう。だが、液晶ディスプレイのテクノロジーに限られていた大きいテレビが入手できないというのは、事実ではなくなった。大きさは約7インチから65インチ以上と幅がある。小さめそしてより一般的な液晶画面は、テレビからコンピューターの画面など全てに使われており、大きいスケールで大量生産されている為に購入しやすい値段だ。通常50インチ以上の大きめの液晶画面サイズだと、プラズマ、そしてDLP部品の1部よりも値段がもう少し高くなり始める。液晶ディスプレイの映像の主な源は、バックライトと共に起こるフラットパネルにより生産されており、奥行きのとても深いテレビでないので壁掛けにも人気があり、固定イメージを表示する時に他のどのテレビスタイルよりも優れている。
良い知らせは、今日たくさんの液晶ディスプレイがさまざまな大きさで幅広く生産されているため、このテクノロジーの値段は常に下がっている。ホームシアターシステムを作るのにたくさんお金を使う事を計画していない一般的な消費者にとり、とても手に入れやすい値段という事が液晶ディスプレイをと非常に人気の選択としている。液晶ディスプレイのパネルデザインのおかげで、画面設定に気をつける必要がないので、画面の焼きつきの性質を心配する必要がない。後でこの事に付いてもう少し触れよう。以前は遅い液晶ディスプレイパネルにゴーストが現れる問題があったが、液晶ディスプレイのテレビを購入する時に心配する必要のない事だ。

見た目的に、液晶ディスプレイの購入者はしばしば反射しないフロントパネルと、表面に覆われた薄いガラスの間のテレビの型を選べる事を楽しんでいる。多少表の違うプラズマテレビは、2つの(反射的な)ガラスパネルの間に挟まれたプラズマを作り出すのにガスが使われる。どの部屋のスタイルにプラズマテレビを置くか次第で、とても反射的なフロントパネルがいつも購入者の好きなように働くわけではない。

だが液晶ディスプレイのカテゴリーには、一部悪い面がある。私は個人的に購入したいという大きな影響を受けない。第一に、液晶ディスプレイのテクノロジーが発展し常に改善されているが、視野角(見る角度)に問題がある。液晶ディスプレイ画面の視野角は、プラズマやDLP部分よりも多少小さい。プラズマテレビの視野角は180度まで持っているが、液晶ディスプレイは175度あたりと少し狭い抵抗にある(それぞれ数度引く、又は加えて欲しい)。液晶ディスプレイの画面は基本的に、コンピューターモニターのような単独のユーザー使用にデザインされたので、「スイートスポット」と呼ばれる色彩や度合いがバランスの良い視覚角度が存在する。プラズマテレビはこのスイートスポットはなく、どの角度からも平等に見る事ができる。液晶ディスプレイのテレビのほとんどに起こるであろうもう一つの問題は、バックライトの漏洩だ。これらの画面のバックライトが映像を見られるように、液晶パネルを十分に明るくするので、常につけていなければならない。液晶パネルが黒を見せた時、それは黒くなければならないピクセルをただ塗りつぶしているだけで、それらのピクセルの後ろでバックライトがまだついている。これはしばしば黒を深く濃く、だが少し明るい黒に現せないという事を引き起こし、時々画像の中の黒は気がつくほど薄い。時々バックライトが漏洩していることで、少し白い色調だ。覚えておいて欲しいのは、これらの問題は通常安いテレビに一般的なだけだ。もしあなたが購入する前にいくつかのテレビを試し、お金を上手に使えばこのような深刻な問題に出会わないだろう。

プラズマ

あなたの新しいテレビの購入時の調査で他のオプションとなるのは、プラズマテレビだ。プラズマテレビは液晶ディスプレイに対応するような小さいサイズでないが、多くの液晶ディスプレイように薄く、簡単に壁に掛けられる。大きめのサイズのテレビを買う時にプラズマは、時々2つの安い選択のうちの1つだ。後で述べるDLPはもう一つの選択だ。だがプラズマテレビはいつも似た大きさのテレビと同じ解像度、そして液晶パネルのような値段ではなく、ほとんどのプラズマは1080pの能力を持つ。

イルミネーションはそれぞれのピクセルの化学反応により作られている事から、液晶ディスプレイのテクノロジーのようにいつも入れるバックライトに頼らない。プラズマテレビは、液晶ディスプレイが達成できる以上により鮮やかな黒色を持っている。これは特に、一般的に液晶ディスプレイが黒の強度を失う軸から離れた視野で、対比率、黒のレベル、視覚力の深さというとき、プラズマは液晶ディスプレイの普通から低いライト状態の部屋では最高に有利だ。あなたが本当に明るい部屋、または窓の近くにいる時は、画面上の反射に注意する事だ。

プラズマテレビは一般に42インチ以上のサイズが販売されており、安く、小さいプラズマを購入する事は期待できない。そして新しいプラズマテレビを購入した時に多くの人は、「焼きつき」の時間がある事を認識していない。プラズマテレビの最初の100施行時間は画面に映像が永久的に焼きつく可能性がある為、コントラストを低く設定して使用するべきだ。この時にあなたが見る全ての番組は、フルスクリーンモードという事を確認したい。4:3比率で見ている場合の画面横の黒いバーは、焼き付きの一因となる。最初の100時間後、テレビは焼きつきにほとんど繊細ではなくなるが、完全に平気というわけではない。小さい焼きつきなら、コンピューターを使い修理を施行できるアプリケーションがある。

DLP

選択しなければならない主な3つのオプションの最後は、DLPテレビだ。これらのテレビに使われている突起部方式は、プラズマまたは液晶ディスプレイと同じ大きさの画面に比べ、少し深めに作られているので、壁にかける選択は取り除かれる。これらのテレビは最適な角度に持ち上げて台に置き、セットしなければならない。最高な大きさと値段比率で、DLPは大きいテレビを欲しい人にはとても人気のテレビスタイルとなっている。しばしばDLPテレビは、同一の大きさのプラズマの部品よりも安くなっている。プラズマのように、DLPは大きめの大きさだけを見つけられ、(一般的に42インチ以上)またプラズマと似て、DLPテレビのパネル裏にバックライトが欠乏しているので、LCDスクリーンが持つ以上にずっと良い黒色を与えられる。とても買いやすい値段の幅という事は、DLPテレビを購入する時に多くの選択があるという事だ。これは一つのプラスだ。常にフォーマットが進化している事でDLP製造者は、このテクノロジーが新しかった時に、直面していたいくつかの問題を改善し始めたが、レインボーイフェクトは、DLPテレビのバックライトの電球で経験するかもしれない事だ。内部の色の回転で、一つの色しか見られない事から、もしあなたの目を映像から動かしたり、またはよそ見をし、そしてすぐに振り返ると、一部の人達は色の分離を実際に見る事ができる。新しいDLPのデザインは伝統的な電球と色彩の回転を一緒に交換し、RGB LEDをLEDバックライトに使う事により、改善されている。これは高価な電球を減らすだけではなく、機械的なデバイスの為(私達も知っている通り、少数の機械的デバイスしか長持ちしない)、色彩の回転が将来的な損傷の対象になる事を排除する。古いDLPは“Wobulation”と呼ばれる方法で1080pを達成していたが、新しいチップデザインは一部の鏡が「2重の仕事」をする事なく、テレビが1080p容量を生産するのを高めている。

接続

最後に、あなたが選ぶテレビの接続オプションを確認した方が良いだろう。現在の新しいテレビのほとんどは、他のコンポネントと接続している大部分を扱う為にHDMIを使用している。HDMIは、1つの単純ケーブルにより運ばれているデジタルオーディオとビデオシグナルだ。デジタルシグナルにより、あなたのホームシアターに最高の映像を経験できる1080pのハイディフェニションの映像を送る事が出来る。しかし、あなたはパソコン接続も必要だろうか?1部のユーザーは、彼らのパソコンをホームシアターシステムにしっかりと統一できる能力が欲しい。もしこれがあなたのケースなら、テレビがパソコンに接続するために使う接続面を見て、あなたのパソコンにその接続面があるか確認する事だ(一般的にアナログのVCAビデオ、デジタルDVI)。コンポネントの名残には、テレビが基本的なRCAビデオとオーディオ出力を支えられるか確認する事だ。なぜならデジタルカメラのような多くのコンポネントは、S-Video?コンポネント出力?フラッシュカード出力?のような、これらの接続スタイルを未だに使用している。これら全てにあなたが要求する物は、あなたのホームシアターに現在、そして将来的に何を接続しようと考えているかによるだろう。

結論

家庭用テレビを購入する事は信じられないほど、骨の折れる仕事だ。この基本的なテレビ購入ガイドをシンプルにする為、あなたが各部で知る必要になる主な項目の全ての要約し、私の最善を尽くした。だが、同時に完璧なガイドブックを執筆する事なく、表面をスクラッチできるだけであった。あなたが新発見した知識を使い、あなたにそしてあなたの意図に一番合ったテレビを見つけられる事を願っている。あなたに一番合うテレビの型を見つけたら、もっと詳しく調査し、そしてお金をつぎ込む前にそのテレビデモを数種類のお店で見る事を強く勧める。

閉じる

コミュニティーに質問する

質問する

絞り込み検索(22一致)

選択フィルタ

  • ブランド: LG 削除

クリックしてフィルタに追加

  • 価格
比較のために2~5個の項目を選択してください。
ソート: Freakスコア 人気度数 価格 名前 Release Date Recently Added
レビュー22件中1件から22件までを表示