カメラレンズ

カメラレンズ購入ガイド カメラは素晴らしいものだが正しい機器や付属品をより有効に使う事でもっと素晴らしいものにでき、特にカメラレンズの事が言える。全てのカメラは交換可能のレンズを...
もっと読む

カメラレンズ購入ガイド

カメラは素晴らしいものだが正しい機器や付属品をより有効に使う事でもっと素晴らしいものにでき、特にカメラレンズの事が言える。全てのカメラは交換可能のレンズを搭載しているわけではないが、多くのカメラはレンズを交換可能だ。違うレンズを使う贅沢さの為に、高級なカメラを購入する必要はない。

一部のカメラはレンズを直接本体に取り付けなければならない。時々それらのカメラは本体購入時にレンズが付属してこない事もある。なので、カメラの値段の上にレンズ購入の費用が上乗せする事になる。だが多くのカメラはキットがついてきて、これらは一番良い選択肢だろう。それらのキットはあなたが何を撮影するかにより選び使用できるように、良質のカメラと1つ、2つ又はそれ以上の違ったレンズがキットに含まれている。

他のカメラはレンズが内蔵され追加のレンズが必要無いので、箱から取り出し後すぐに写真が撮影できるが、それらのカメラは内蔵されたレンズの上に、他のレンズを取り付けられる能力がある。
この能力は、マクロ、ズームのようにさまざまなタイプのレンズを選べ、そしてカメラに違うフィルターを付け加える事も可能だ。このタイプのカメラは私個人所有し、とても多く使っている。電源の入切だけで撮影できる能力が好きだが、もし必要な時に新しいレンズを加えられるというアイデアも好きだ。

今日のマーケットには数種類のレンズのタイプ、そしてスタイルがあるが、もちろんどれを又はたくさんのレンズを選ぶかは、あなたがカメラで何を撮影するかで決まる。

カメラのレンズは通常ガラスで出来ているが、石英またはプラスティックから出来ている物もある。プラスティック製のレンズは良いはずがないと思っているかもしれないが、あなたの推測は当たっているだろう。しかし技術が進歩したので製造過程でも改善した。だが、全てのプラスティック製のレンズが良いわけではない。ガラスで出来ている物よりも良くはなく、だが当然質の良いレンズを購入する事を確実にする為に、メーカー品の物を探すのが良いだろう。

今日主に4つのタイプのレンズが市場に出回っているが、それらのタイプにはとてもたくさんの種類がある為に、もっと違うタイプのレンズがあるように思えてしまう。

スタンダードレンズ

スタンダートレンズはただの標準レンズだ。このタイプは一般的な写真を撮り、何も特別ではなく、毎日の一般的な写真を撮るのによい。

望遠レンズ

望遠レンズはあなたが遠くの被写体を近く撮影したい時に使うもので、双眼鏡に似ているがカメラ用である。もしあなたがバードウォッチングや、隣人を隠し撮りするときに被写体を近くに持ってくる仕事をしてくれる。
望遠レンズは人々の写真撮影をするときに、しばしば使われる。

広角レンズ

このタイプのレンズはワイドに撮影でき、したがって広角という名前の通り広角レンズを使う事で写真の中にもっと人や物を写せる。広角レンズは主に、遠近法の為に映画撮影で使われ、実際写真の中にもっと人物や物を写せる。

マクロレンズ

マクロレンズは個人的にお気に入りのタイプのレンズだ。被写体にとても近くズームインするのに使え、どういう意味かというと詳細な写真を撮る時にマクロレンズを使う。ハチをクローズアップする為にズームインし、そしてハチの背中の毛を撮影する事も出来る。マクロレンズを使ったカメラで発見できる事の可能性は本当に限りなく、金属の破片の欠陥や上手に編みこまれた布の生地など、裸眼で見ることの出来ない物を見られる事を発見した。

標準型のレンズの他に写真に効果をつけたり、役に立たせたりする為に特別なレンズを使うことが可能だ。これらは被写体を圧縮する種類の魚の目のレンズのような特別レンズである。だが他では、それらのレンズは光を浸透したり、行き渡ったりするのに役に立つフィルターと呼ばれている。赤みを減らして、青を増やす、または反対の影響のワーム(温かい)・フィルターといった素晴らしい影響をフィルターは作り出せる。
また赤外線、虹、セピア、そしてもっとたくさんのスタイルができ、写真撮影を本当に想像力に富んだものに出来る。

あなたのカメラに合うレンズを購入する時は、最初に何を撮影したいか、そして次にどのレンズがあなたに合っているかを確認する事だ。

時々あなたの持っているカメラを製造した同じメーカーからレンズを購入する事が勧められるが、これはあなたのカメラに合い、正確に機能することが保証されているからだ。
だがそうする必要はない。多くの会社がレンズを専門に製造しているので、あなたのカメラレンズマウントに合う正確なサイズを購入する事を確認することだ。レンズマウントと言えば、一部のカメラは通常製造元、または時々第三者を通して購入可能のスペシャルアダプターを使い、違うサイズのレンズを使用できる。

カメラレンズを購入する時の一般的なルールは、「あなたが支払った物に見合った物を購入している」という事だ。だがそれはあくまで一般的な事で、私が個人的に購入した安物のレンズはよく機能している。
悪い点は、安いレンズはそれなりという事もあった。レンズのガラスの中に気泡が入っていて、結局私にとっては全く役に立たなかった。安物のレンズは本当にくじ引きだ。そして製造会社が良いカスタマーサービスを持ち、悪いレンズを購入したら返品サービスに応じてくれる事を願う事だ。
何を言いたいかは、もしあなたが購入できる範囲でそして本当に必要なら、厳しい製造管理の下に製造され、少なくとも製造品に信頼できる会社という好評があり、品の良い製品を受け取れると期待されている、より高級なメーカーレンズを購入するのが良い。

あなたのカメラに合うレンズを購入する時あなたが出来る一番の事は、製品レビューを使った情報収集だが、もっと重要な事はあなたと同じ撮影スタイルを持つ人が何のレンズを使っているかを見渡す事だ。
写真家向けのマガジンや専用のウェブサイトがたくさんあり、レンズやカメラについて討論を熱心にしており、あなたが購入しようと考えているレンズは、あなたが使おうとしている事に合っているかどうかが早くそして簡単に分かる。ウェブサイトのほとんどが質問をしたり、他のメンバーから学んだりできるフォーラムのようなものを提供している。質問するのを恐れない事、それが唯一あなたが学べる方法だから!

閉じる

コミュニティーに質問する

質問する

絞り込み検索(268一致)

クリックしてフィルタに追加

  • 価格
比較のために2~5個の項目を選択してください。
ソート: Freakスコア 人気度数 価格 名前 Release Date Recently Added
レビュー268件中1件から50件までを表示