デジタルカメラ

デジカメ購入ガイド

はじめに: デジカメがとても高価で高級品とみなされていた物から、今日では購入しやすい値段でほとんどの人が持つまでには何年もかか...
もっと読む

デジカメ購入ガイド

はじめに:

デジカメがとても高価で高級品とみなされていた物から、今日では購入しやすい値段でほとんどの人が持つまでには何年もかかった。デジカメにはたくさんのサイズや形があり、そして持ち運び可能なデバイスにさえ融合でき、今ではほとんどの人がデジカメタイプをいつでも持ち歩くまでになった。ネットでのデジカメ写真サイトやビデオサイトの人気がともない、みんなが常に写真やビデオを取り、人気の映像の15分間に乗る事を願っている、又は写真を友人や家族と見せ合っている。

一般的には知られていないが、世界最初のデジカメはKodak(コダック)の技術者により1975年に開発されたが、完璧なテクノロジーでデジカメが市場に売り出されるようになったのは1990年だ。デジカメの歴史はたったの18年というのは信じがたく、最初に消費者に紹介されてから爆発的な人気だ。もちろん発売から数年後、デジカメの値段が十分に下がった事で、平均的な消費者でも入手可能になり、今日楽しまれているような人気レベルになった。

デジカメのタイプ:

デジカメにはさまざまな形や大きさがあり、画像を撮影するどの電子機器のタイプ、又は他のタイプでも見られる。デジカメの価格範囲はプロスタイルのデジカメは何百万もするが、キーチェン型のカメラは数ドルで購入でき、今日では本当に混乱する量のカメラが市場に出回っている。

実際に最近では、主に数種類のデジカメが市場に出回っている。

SLR、またはDSLR:SLR(一眼レフカメラ)、または DSLR(デジタル一眼レフカメラ)は高級品とみなされ、プロのカメラマンに好まれている。これらのタイプのカメラは、広範囲のズーム、よりたくさんのレンズの選択、光学の良さ、そして全体的にプロ使用の鮮やかで高画質の写真に適している。

一眼レフの様なカメラは一眼レフカメラ(又はデジタル一眼レフカメラ)に似て、一部の高価な部品能力を提供しているが、主な違いはカメラの液晶画面で見る事にある。一眼レフに似たカメラがカメラプロフェッサーにより作られた画像を写し、実際の写真は液晶画面にあるようなものでない事があるが、デジタル一眼レフカメラは実際の画像を写す事にある。一眼レフに似たカメラはプロ用と認識されるかもしれないが、これらのカメラは高価でなく、一部はレンズを付け替えられるオプションを持ち、写真撮影のオプションを高めている。一眼レフに似たカメラは、標準の一眼レフスタイルのカメラの値段が落ちたことで、人気があるようだ。

コンパクト、超コンパクト、又はボタンを押し撮る</b>といったようなデジタルカメラは、今日の市場で一番人気のデジカメだ。カメラの名前のように明確に2つのカテゴリーに分けられる。コンパクトデジカメは、小さく持ち運びが楽なもので、超コンパクトデジカメはとても小さく、もし必要ならシャツのポケットに入る大きさだ。これらのタイプのデジカメは、光学ズームの範囲の高い物がカメラ機能に含まれているかにより、安いものから適度な値段で購入できる。

今日他のタイプのデジカメが出回っており、それらの一部の値段は10ドル程で、ただ基本的な写真を撮るための、とても一般的なカメラでキーチェンに合うようなとても小さい大きさだ。これらのカメラは私の意見では楽しみや珍しいカメラ用で、質の良い写真を撮る事はできないので本物としては使えない。写真をe-mailで送ったり、ネットで写真を公開するのには良いが、通常印刷や保存には十分な質でない。

全てのデジカメは画像を保存するのに何かしらのフラッシュメモリーカードを使用し、カメラ内部に内蔵されている、又は取り出し可能なフラッシュカードを使用している。一部は内部と外部のメモリーカードを使用可能で、もし必要なら内部のメモリーを拡張できる。

画素数(メガピクセル)の神話:

私達の社会には大きければ大きい程良いというのは、いつもトレンドとしてあるが、デジカメではこれは必然的に合っていない。カメラの画素数のランクはカメラが撮影できる写真の最大解像度数を示し、あなたの目的、またはデジカメの必要性により、あなたのカメラに必要な画素数のレベルを決めるのを助けるだろう。

一般的な消費者には400万~600万画素のカメラを推薦し、それ以上は正直に言い過剰で無駄だ。

もしあなたが財布に入れるような小さい写真、または4×6インチサイズの写真を現像したいのなら、小さい画素数でも平気だが、もしあなたが8×10インチやそれ以上の大きい写真を印刷したいのなら、400万~600万画素数の範囲のカメラを薦める。

もちろんそれは私の意見で、一部の人は良質の8×10インチサイズの写真を撮影するのに最低でも700万画素数が必要と提案しているが、平均的な質の写真には400万~600万画素数で大丈夫だ。

もちろんソフトウェアを使用し、あなたの写真を改ざんする事もできる。質の悪い写真を撮ったら、写真の質の解像度を高くする必要のあるところを埋められるという意味で、基本的には写真をリサイズする事だ。ソフトウェアは写真を大きくする試みだが、もちろん結果は努力の価値がいつもあるわけではなく、ほとんどの場合画像は粗粒子に表れ、最終結果は満足でないだろう。

デジカメを購入する:

もしあなたがデジカメを購入しようとしているのなら、最初にすべき事はカメラを使いあなたは何をしたいのかを確認し、次にカメラを何に使用するのかを知る必要がある。

デジカメを購入時に人々が間違える事の一つは、彼らにとって、又は使用するのにやりすぎな物を購入するという事だ。もしあなたが一般的な家族写真を撮る予定なら、プロが使うようなレベルのカメラは必要ないが、今日の社会ではほとんどの人がもっと機能が付いている物が良いと考える。私は必要以上の機能付きのカメラを買い、最終的にはそれらのオプションに困惑している人々を見てきた。なぜほとんど使わない、必要のない機能付きのカメラを購入するのか?

平均的なデジカメユーザーは基本的な写真を撮り、古いフィルムスタイルのカメラを買い換えたいだけだ。それらの人々には彼らの必要性を満足させる基本のオプション付きで、視点を合わせ写真を撮るカメラが必要なだけである。あなたが使わない、又はどのように使うのかさえ知らない機能にお金をかける必要はない。

デジカメのテクノロジーは一番安いモデルのカメラの一部でも最高の写真を撮影し、印刷や拡大しても写真の質を保てるまでに進歩している。ほとんどのユーザーは写真をプリントせず、友人や家族にe-mailで送るだけ、または他人とネットで共有しているだけだ。あなたが人々に写真をe-mailで送るなら、1000万画素の解像度の写真が取れるカメラは要らないだろう。

またスペクトラムの反対側は、消費者が上質の写真を撮りたいと願うかもしれない事だ。もちろんあなたは、プロレベル用のカメラを見たいと思うかもしれない。これらの高級レベルのカメラは、たくさんの機能とプロレベルのカメラオプションを持ち、それらのカメラの一部は、あなたの写真をより進歩させる為に違うレンズの使用ができる能力がある。これらのタイプのカメラはそのタイプの技術をより学んでいる人や、趣味の写真家、またはプロの機器の値段でなくプロ並みの質の良い写真を撮りたいビジネス人向けだ。プロ向けのカメララインは上質の写真が欲しい、そして望んでいる人、手動でセットを変えられる能力、違うレンズの使用、そして全体的に写真撮影をコントロールしたい人向けだ。

おそらくデジカメを購入する上での一番のアドバイスは、あなたのカメラの必要性は何かを見つけたら、購入する前にデジカメを調査する時間を作る事だ。いくつものとても役に立つウェブサイトやマガジンはデジカメを論評し、ほとんどの場合、今日の市場で人気のカメラの公平なレビューを提供している。それらの手段を使い現在発売されているカメラのタイプ、賛否、機能、購入時の決定に付いて学べる。時々、それらの情報はよく似たスタイルのカメラと比べていて、それらの比較はあなたの必要性にどのカメラが合っているのかを決めるのにとても役立つ。

閉じる

Newest デジカメ Reviews
次に手にする一台--ペンタックスK10D, 「定番」という熟成機に入ったデジカメ一眼 EOS-30D, 【レビュー】誰もが納得する誉れ高き一台--ペンタックス「K20D」, [レビュー]変わらな... See newest reviews

ペンタックス K10D

CNET
  • 抜粋: ペンタックスから「K」シリーズ二機種目となる「K10D」が発売された。有効画素数1020万画素、手ブレ補正機構を内蔵する機体だ。さきに発売された「K100D」の兄貴分に位置する「K10D」だが、たんなる高画素モデルというだけではない。それは永きにわたり多くのカメラを世に出して来た老舗カメラメーカーの「本気」の一台と言えるだろう
  • レビューをすべて読む

キヤノン EOS 30D

CNET
  • 抜粋: 昨今のデジタル一眼レフカメラ市場を事実上牽引しているキヤノンから、また新しいデジタル一眼が発売された。「EOS-30D」である。周知の通り「EOS-20D」の後継機となるのだが、その外観も820万画素APS-Cサイズという記録画素も一見大きな変わりはない。では一体どこが変わったのであろうか。はたして「EOS-30D」は「買い」なのであろうか?
  • レビューをすべて読む

ペンタックス K20D

CNET
  • 抜粋: 2006年11月に発売されたペンタックス「K10D」は、その高性能かつ優れた操作性により多くのカメラファンに支持された一台だ。その「K10D」に更なる高画質を与え新生させたカメラがペンタックス「K20D」である。それは同時にペンタックスというカメラメーカーの変革をも象徴する一台となった
  • レビューをすべて読む

リコー GR DIGITAL II

CNET
  • 抜粋: リコーから発売された「GR DigitalII」は前機種「GR Digital」が進化した最新型コンパクトデジタルカメラだ。しかしその見た目は驚くほど変化のないものとなっている。だがこの「変わらなさ」こそがリコーが目指したものだと言う。そこでこの「GR DigitalII」を実際に使用し、前機種から引き継いだ「変わらなさ」と最新デジカメである「変わった」ところを検証してみたい
  • レビューをすべて読む

オリンパス E-3

CNET
  • 抜粋: オリンパスから「Eシステム第二章」におけるフラッグシップ機として登場した「E-3」。デジタル専用設計のシステムと防塵防滴で堅牢なボディはフォーサーズシステム初のデジタル一眼レフカメラ オリンパス「E-1」譲りのものだ
  • レビューをすべて読む
閉じる

コミュニティーに質問する

質問する

絞り込み検索(638一致)

クリックしてフィルタに追加

  • メガピクセル
  • 光学ズーム
  • LCDサイズ
  • 重量(g)
  • 価格
比較のために2~5個の項目を選択してください。
ソート: Freakスコア 人気度数 価格 名前 Release Date Recently Added
レビュー638件中1件から50件までを表示