ビデオカメラ-HD / DVのTestFreaksガイド

ビデオカメラ購入のヒント
ビデオカメラは発端からかなり長い歴史がある。今日のビデオカメラは、たくさんの大きさがあり、持ち運び可能のデバイスも数種類ある。ビデオカメラは家族...
もっと読む

ビデオカメラ購入のヒント

ビデオカメラは発端からかなり長い歴史がある。今日のビデオカメラは、たくさんの大きさがあり、持ち運び可能のデバイスも数種類ある。ビデオカメラは家族の行事、ニュース、思い出に残しておきたいと思う事などを撮影し、共有するのに最高の方法だ。

ビデオカメラはどんな映像でも撮影する為に、年齢に左右されずに使われている。そしてそれらの映像からお金を稼ぐことも可能だ。アマチュアビデオ家はとても一般的で、時にはニュース場面でニュースリポーターとして、特ダネを撮影している。みんながビデオカメラを一家に一台所有しているようだ。そしてビデオカメラは高級品ではなくなり簡単に使用出来るので、子供でさえ今の時代所有している。

あなたがビデオカメラを購入、又は持っているカメラをグレードアップしたいと思っているなら、たくさん選ぶリストがあり、おそらく何万にもわたるリストの中から一つを選ぶ事になるだろう。どの商品があなた、そしてあなたの必要性に合った物だろうか?

ビデオカメラを購入するにあたり一番初めに自分自身に聞くべき事は、何に使いたいか、又は基本的に何に使うかという事だ。そして二番目に、ビデオカメラにはどんな機能が欲しいかだ。

ビデオカメラの種類

今日本当にたくさんのビデオカメラがマーケットに出回っているが、どの商品を選ぶかはあなた次第だ。

アナログビデオカメラは、テープメディアにアナログフォーマットを録画するものだ。だがそれらは、新しいデジタルスタイルのビデオカメラのおかげで衰退してきている。

DV又はデジタルビデオカメラは、メモリーカードのようなデジタルメディアの一種に録画するものだ。これらはとても人気なスタイルで録画メディアもとても小さく、低価格、そして持ち運びも簡単だ。だが、一部のDVビデオカメラはテープに録画し、その上より高スピードで大容量の記録メディアの物が好まれると記しておこう。

記録メディア

ビデオカメラを録画する記録メディアは数種類ある。そして大部分はどの記録メディアを選ぶかはあなたの好みや必要性だけでなく、一部はあなたの購入するビデオカメラのテクノロジーに対する面の知識からである。

今日のビデオカメラはハードディスク、フラッシュメモリーカード、光学ディスクやデジタルテープなどを含めたたくさんの種類のメディアに録画可能だ。

光学メディア

今日では、直接DVDに録画できるビデオカメラを購入する事が出来る。

そうする事で、DVDを取り出しDVDプレーヤーに入れることですぐにあなたの撮影した映像を見ることが可能だ。DVDタイプのビデオカメラは他のものよりももっと高額になる傾向があり、そしてもちろん空のディスクを購入しなくてはいけないので、ビデオカメラ購入の上に他の費用がかかる。

ハードディスクタイプ
一部のビデオカメラは、デスクトップやノート型パソコンのようにハードディスクが内蔵されている。このタイプのビデオカメラは、通常ノート型パソコンに見られるのと同じ大きさである。そしてどれくらいの長さ録画できるかは、ビデオカメラの中にあるハードドライブの大きさに制限されている。

ハードディスク型のビデオカメラは、市場に出回っている他のタイプの物と比べた時、高額になっている。

フラッシュメモリー

今日の多くのビデオカメラは、SDカードや他のフラッシュメモリーカード・タイプのような物に録画される事が多い。カードの大きさは限られているが、もちろん多数のカードを所有し、必要な時に交換できる。フラッシュメモリーカードは劇的に値下がりしており、安くそして録画するのに人気の媒体だ。

それらのカードは簡単に、そして安く数枚購入でき、この録画媒体を使い何時間も録画が可能だ。

フラッシュ型のメモリーが内蔵された低価格のビデオカメラが多く出回っている。これらのタイプはたいていとても安く、一度切りの使い捨てビデオカメラと考慮される。

これらのビデオカメラは小さいお店で購入でき、そして使用後にお店に持って行き映像をDVDに焼いてもらう。DVDへの編集の代金は、通常商品購入時に含まれている。それら使い捨てのビデオカメラの一部は、ユーザーが何度も使用でき、コンピューターに繰り返し編集できるように、違法に改造されて使われている。

デジタルテープ

デジタルテープ型のビデオカメラは、実際のテープカセットに録画される。

昔のVHSテープに少し似ているが、小さめのサイズだ。このタイプの記録メディアの主な問題点は、録画映像をコンピューターに編集する時に実際の録画と同じ時間がかかるということだ。もしあなたのビデオ映像が60分なら、パソコンに一連の映像を取り込むのに60分かかるという事だ。この型は時代遅れになってきていると言及したが、まだ購入可能で今日でも製造されている。

ハードディスク、フラッシュタイプ、そしてデジタルテープ型のビデオカメラはビデオカメラの一連の映像をファイヤーワイヤーやUSB接続ケーブルを使い、コンピューターに取り込む事になる。そしてあなたが望むならDVDにコピーできる。

これはまたあなたのビデオ映像を編集でき、そして題名やフェイドイン(溶明)やフェイドアウト(溶暗)、音楽等の特別効果を加えられるが、これらの特別効果をどのように使うかの知識が必要になるだろう。しかしほとんどのビデオカメラはユーザーが機能を使いこなせるようにソフトウェアの一種が入っており、また通常それ程難しくはない。

ファイヤーワイヤーやUSB接続ケーブルは、あなたが正しいインターフェイス(接続面)をパソコンに持っているか確認する必要がある事を覚えておいて欲しい。USBはほとんど全てのパソコンが備え付けてあり問題がないが、ファイヤーワイヤーは全てのパソコンに標準ではない。

あなたのビデオカメラがどのタイプの記録メディアを使うかは、最終的にはあなたの使い方次第だ。もしあなたが短いカットやイベントを録画する予定なら、フラッシュタイプのビデオカメラで十分だろう。だがもしあなたが長時間録画する予定なら、長時間続けて録画できる能力のある大容量の記録メディアを持つビデオカメラが必要だろう。

どのビデオカメラが自分に適しているか?

あなたは家族行事を録画する必要があるだけだろうか?それなら、とても高額なビデオカメラは必要ではなく、小型で持ち運びが簡単な物が良いだろう。フラッシュメモリーを使うタイプのビデオカメラは通常とても小さく、持ち運びも簡単で、質の良い映像を撮影できる。

なお一部のビデオカメラは補助ライトも付属してくる。これは普通のカメラに付いているフラッシュに似ている、LED又は標準ライトの型である。さらに一部のビデオカメラは外部の補助ライトを取り付けるスペースを持っている。もしあなたが明かりが足りない状況で撮影する事になると思うのなら、この事を考慮するのも良いかもしれない。低照明の事というと、一部のビデオカメラは夜間撮影モードとして赤外線撮影機能を持つものもある。

今日の多くのビデオカメラは、あなたのビデオに直接影響を与えられる特殊機能を持っている。たくさんありすぎて載せられないが、一例としてセピア、モザイク、フェイドイン(溶明)等たくさんある。

ビデオカメラのズームはブランドやスタイルで大きく幅がある。ほとんどはデジタル、光学ズームの両方を搭載しているが、それらは等しく出来ていない。デジタルズームは画素と粗粒子のイメージを生み出し、光学ズームはきれいでクリアであり、明確に光学ズームは良質であるといえる。少なくとも私の謙虚な意見から正直に言うと、デジタルズームはむしろ価値がない。光学ズームの能力に注意を払い、デジタルズームは無視してよい。

今日のデジタルカメラは、カメラと統合したしたとてもすばらしい機能がついていてある物があり、別のカメラを持ち運ぶ事なく写真を撮れる機能がある。だが問題は、統合したデバイス型の写真は、オリジナルのカメラのように良質の写真ではないということだ。だがカメラ機能は使え、もしあなたがそれ程全体的な質を気にしないのなら、満足するだろう。一部の人は別のカメラを持ち運ぶ必要がない便利さから、カメラが内蔵されたビデオカメラを購入している。

どの製品でも誇大広告を無視し、自分で調査すべきだ。ビデオカメラは最終的なものとして宣伝されるが、そうではない。どの機能が自分は好きでビデオカメラに必要かをよく見て周り、他の人に聞いたりして数個好きな製品を決め、そしてその中からあなたにとって、またあなたの必要性に一番合ったものを決める為に調査しよう。

閉じる

コミュニティーに質問する

質問する

絞り込み検索(151一致)

クリックしてフィルタに追加

  • 価格
  • 重量(g)
  • 光学ズーム
  • LCDサイズ
  • Gross Zoom
  • Net Zoom
比較のために2~5個の項目を選択してください。
ソート: Freakスコア 人気度数 価格 名前 Release Date Recently Added
レビュー151件中1件から50件までを表示